秀明ナチュラルファーム熊本

自然の力で、お米を美味しく!秀明ナチュラルファームは、農薬も肥料も使わない「秀明自然農法」で美味しいお米を育てています。

米が日本に伝わった経緯

主食として人気の高いおは、一般家庭から飲食店など簡単に食べることができる食材でもあります。その米は日本だけでなく、様々な世界で栽培されており環境によっても農家によってもその味や食感が大きく異なります。 日本でも独自に栽培を行い日本人好みに合わせた米が販売されていますが、米は元々日本で生まれた食材ではなく、色んな国を伝わって現在の米文化があります。こちらでは日本に米が伝わった経緯について紹介しています。

稲の伝来について

米を栽培する為には稲が必要になりますが、この稲はとても古くから栽培されており、世界で最初に稲が栽培されたのはおよそ6000年前から7000年前に始まっていたとされており、インドのアッサム地方や中国の雲何地方で栽培されていたと言われています。 この稲が日本に伝わったのは今から2400年から2500年前とも言われており、伝わったルートも様々な説があります。中国北部から華北と朝鮮半島を経由して北九州に伝わった説や中国華南地方から台湾と沖縄を経由して九州に伝わった説、揚子江下流の南方民族が北九州に移住したことで伝わった説などが挙げられます。

日本へ広まった経緯

今から約2300年前に青森県にて水田跡が発見されています。
稲は九州地方に伝来していることを述べましたが、九州地方では2000年以上前の水田跡が発見されており、結果として300年程で日本の最北端まで広がったということになります。

日本で米作りが始まった経緯

日本に稲が伝わり本格的に米の栽培を始めたのは縄文時代の末期からと言われています。当時は現代のように農業機械もなければ農薬もないので、種籾を直接田んぼに植えて、実った稲の部分だけを収穫していたとされています。縄文時代から始まった米作りですが、時代の変化と共に農業機械や農薬なども誕生して変化しています。 唯一変化していない点は田植えを初夏に始めて秋頃に収穫するというサイクルです。これは今も昔も変わっておらず、日本独自の季節が米作りに最適となっていることから変化していないとされています。

米の歴史はとても古くから始まっていることを説明しましたが、様々な経緯で日本に伝わり時代の変化と共に今の米作りがあります。歴史についても理解していると米をより味わうことができるのではないでしょうか。 秀明ナチュラルファーム熊本では産地直送による直販を行っております。農家直送ですので、栽培したての米を自宅で楽しむことができます。農薬や肥料を使用せずに栽培しており、米販売農家のこだわりが感じられる米に仕上がっています。米が持つ本来の味を楽しみたいという方は是非ご利用ください。

新着情報 | 秀明ナチュラルファーム熊本のおいしいお米 | お米づくりへの想い | こだわり農家の紹介 | 地域貢献活動 | お問い合わせ