秀明ナチュラルファーム熊本

自然の力で、お米を美味しく!秀明ナチュラルファームは、農薬も肥料も使わない「秀明自然農法」で美味しいお米を育てています。

お米を美味しくするための下準備

日本の食卓に必ず登場するお米は、産地や栽培方法によって様々な種類のお米が販売されています。どの米もおいしいお米になっており、お米にこだわる方は自分の好みに合うお米をお探しの方も多いです。 お米にこだわる方はお米を炊く際にもこだわるとより一層お米本来の味を楽しむことができます。
現代では炊飯器を使ってお米を炊くため、簡単に美味しいお米を食べることができます。しかし、さらに美味しいお米にするためには炊く前の下準備が大切です。

お米を炊く際の下準備

お米を炊く際には必ず洗米を行う必要があります。精米には白糠と呼ばれる粘り気が付着しており、その糠を取り除くために洗米を行います。米を洗う際にはボールや水切り用のザルを準備すると効率的に洗米することができます。 また米を洗う時には米に直接水を掛けてから洗うと、米はすぐに水を吸収しますので、糠やゴミといった不純物も一緒に吸収する場合があります。米を洗う際には水を入れたボールで洗うようにすると良いです。 洗米が完了したら米をザルに移して素早く水切りを行います。米はすぐに水を吸収しますので、不純物を吸収させないために素早く行う必要があります。この作業を3回から4回行い、洗米した米の水切りをしっかり行って下準備が完了します。

美味しく炊くためのコツ

洗米して水切りが完了したら、内釜に米を移して米に対して適量の水を加えます。この時に使用する水は水道水でも問題ありませんが、浄水器で濾した水やミネラルウォーターなどを使用することで、炊きあがった時に塩素の臭いを軽減してくれます。加水を行ったらすぐに炊くのではなく、米にしっかり水分を吸収させる行程も大切です。 この行程は米の中心部分のでんぷんにも水を吸収させ、炊きあがった時にふっくらと仕上げるために行います。この時に水が多少白く濁る場合がありますが、これは糠が溶けだしているのではなくでんぷんに水が行き届いているサインですので、水を取り替えずに約30分浸漬させて炊飯器にセットします。

炊きあがも大切

米が炊きあがったら、ご飯をほぐす作業をすることでより食感がおいしくなります。釜底からほぐすようにして、十分に空気を入れます。この作業は時間が経ってしまうと効果がありませんので、炊きあがった時にすぐ行うようにすると良いです。

このようにお米を炊くことで普段のお米がよりおいしいと感じることができます。おいしいお米の炊き方を把握できれば、美味しいお米を準備する必要があります。秀明ナチュラルファーム熊本では通販にて美味しいお米を販売しています。 農薬や肥料を使用しない栽培方法で仕上げており、お米本来の持つ甘味を感じることができる美味しいお米となっています。おいしいお米ランキングや人気ランキングなどでも高い評価を得ており、ランキング上位の商品となっています。美味しいお米を自宅にて堪能したい方は是非ご利用ください。

新着情報 | 秀明ナチュラルファーム熊本のおいしいお米 | お米づくりへの想い | こだわり農家の紹介 | 地域貢献活動 | お問い合わせ